ジャンル別番組一覧

韓国ドラマ「大祚榮 -テジョヨン-」メインビジュアル韓国ドラマ「大祚榮 -テジョヨン-」メインビジュアル

第22話

高句麗のことを心から考えているのは、ヨン・ゲソムン大将軍とヤン・マンチュン将軍しかいない。
ヨン・ゲソムンに頼み、テ・ジョヨンは遼東へ向かった。
ヤン・マンチュンにヨン・ゲソムンが病気で心が乱れており、ヤン・マンチュンが暗殺者を送ったと思い込んでいる。
ぜひ大将軍の意向に従うようにと伝えたが、ヤン・マンチュンは勝機のない戦は、民を苦しめるだけ出陣はできないと言う。
逆に、ヨン・ゲソムンは孤独である、最後まで看取ってやってほしいと頼まれ、手紙を託された。テ・ジョヨンは、ヤン・マンチュンの手紙をヨン・ゲソムンに渡すが、開けようともしない。
高句麗王の御前で、ヤン・マンチュンと自分とどちらの考えが正しいか問いかけるヨン・ゲソムン。
2人の衝突をさけることのできる人物はいないのかと悩む王。
テ・ジョヨンは、暗殺者のアジトをつきとめたコルサビウと共に襲撃するが、すでにもぬけの殻であった。同じくアジトをつきとめたヨン・ゲソムンの息子、ヨン・ナムセンが後に来て、テ・ジョヨンと遭遇した。ヨン・ナムセンは、暗殺者はテ・ジョヨン一味だと勘違いする。テ・ジョヨンを逃がすコルサビウだが、捕まって、ヤン・マンチュンから送られた暗殺者だと吐けと拷問される。遼東では、ヤン・マンチュン将軍が、王に呼ばれた。潔白を証明するために、1人で行くつもりが、皆、口々に供を申し出て配下の将軍が全員行くことになった。それを聞いたヨン・ゲソムンは、ヤン・マンチュンが大軍を率いて、平壌城に攻めに来たと思い込んだ。


022_02.jpg 022_03.jpg 022_04.jpg 022_05.jpg
Licensed by KBS Media Ltd.?2007 KBS All rights reserved.

放送ラインアップ

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法