ジャンル別番組一覧

韓国ドラマ「大祚榮 -テジョヨン-」メインビジュアル韓国ドラマ「大祚榮 -テジョヨン-」メインビジュアル

第8話

都城守備隊に囲まれ斬りつけられたジュンサンは、ヨン・ゲソムンの元に運ばれた。
妻子は死んだと聞かされたジュンサンは、万里の長城が見える高麗城の守備に就いた。
ジュンヨンの妻タルギとその子ジョヨンが漁師に助けられたことを知ったヨン・ゲソムンは、二人を生かす代わりに「ジョヨンは自分が育てる」と言い、タルギにはジョヨンと二度と会わないことを誓わせた。
その後長い年月が過ぎた。唐ではイ・セミンの実子、病弱なイ・チに代わって則天武后が実権を握り始めていた。そして660年7月唐と新羅の連合軍は三国の一国百済を滅ぼした。
まもなく唐から高句麗に和睦を伝える使者としてソリンギが来た。彼は和睦の印に高句麗の姫と唐の皇太子との結婚を提案した。この一件で反対を唱えるヨン・ゲソムン率いる強硬派とプ・ギウォンを中心とした穏健派の大臣が対立を深めた。その頃、朝廷では4年に一度開かれる武術者の大会・崇武大宴が話題の中心だった。
その大会にどうしても出たい若者がいた。高句麗最高権力者ヨン・ゲソムソンの馬の足台として仕える奴婢のケドンであった。ケドンは遼東まで抜け出して、ヤン・マンチョン将軍の崇武大宴出場の推薦文を取り付け、ヨン・ゲソムンに差し出した。その切なる願いの推薦文を、ヨン・ゲソムンはちりぢりに引き裂いた。


008_02.jpg 008_03.jpg 008_04.jpg 008_05.jpg
Licensed by KBS Media Ltd.?2007 KBS All rights reserved.

放送ラインアップ

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法