ジャンル別番組一覧

韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」メインビジュアル韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」メインビジュアル

第1話「二人目の女」

成宗 13 年(1482 年)。朝鮮王朝第 9 代の王、成宗(ソンジョン)は品行の悪さを理由に元妃ユンを毒殺。
現場に立ち会った武官の一人ソ・チョンスは王命に従っただけとはいえ、罪の意識に苛まれる。
酔っ払い、山中で誤まって崖を転落したチョンスは洞くつで目を覚ます。
傍らには老師が居り、チョンスの運命に関わる 3 人の女性の存在を告げる。3 人の女性は「 ・順・好」と表わされた。
チョンスは一人目の女性が元妃ユンであることに思い当たる。14 年後、成宗(ソンジョン)を父に、元妃ユンを母に持つ燕山君(ヨンサングン)が即位して 2 年。
いまだに老師の言葉が忘れられないチョンスは、自らの運命から逃れようと官職を辞す。宮中の台所、水剌間(スラッカン)。
最高尚宮(チェゴサングン)の姪で女官のチェ・ソングムの挙動を不審に思った女官パク・ミョンイは、そのことを気味尚宮(キミサングン)に報告。
しかしその夜、ミョンイは門番と通じ女官の誓いを破ったとして捕らえられ、山中で毒を飲まされる。
歴代、最高尚宮(チェゴサングン)をつとめるチェ一族はその地位を守るべく権力闘争に加担、標的とした人物の食事に体調を悪化させるものを混ぜており、ミョンイが目撃したのはまさにその現場だったのだ。
ミョンイの友人で女官のハン・ペギョンはことの一端を知り、ミョンイが飲まされる毒にこっそり解毒剤を混ぜる。翌朝、川縁に倒れているミョンイをチョンスが発見。
こうしてチョンスは自分の運命を左右する第 2 の女性と出会ってしまったのだった。


©2003-4 MBC

放送ラインアップ

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法