ジャンル別番組一覧

早春スケッチブックメインビジュアル早春スケッチブックメインビジュアル

第5話・第6話

第5話

竜彦(山崎努)と十八年ぶりにあった都(岩下志麻)は、和彦(鶴見辰吾)が共通一次試験を受けなかったのは竜彦の影響だとし、二度と和彦に逢わないでくれ、という。
竜彦は勤め人との平凡な家庭の平和なんてごまかしだ、昔の都をはそうじゃなかった、とそそのかすが、都はピシャリと竜彦を突き放して帰る。
家では父の省一(河原崎長一郎)も妹の良子(二階堂千寿)も、和彦が私大の受験はちゃんとするよう心を配っていた。
その和彦はまた西洋屋敷に竜彦を訪ねてゆくのだった。
都に逢ってから、竜彦は急に明るくなっていた。
竜彦は和彦に踊りの手ぶりまで真似させて、気取りやしこりを取り払わせようとする。
慶応大学入試の日、和彦の受験を家族ばかりか親友たちから、良子の学校の喧嘩相手の多恵子(荒井玉青)までが心配していた。
だが受験をすませた和彦は、またまた竜彦を訪ねてゆく。
来合わせた明美(樋口可南子)と三人で鍋をつつき、踊りの手拍子をとり、酒を飲み、帰ったのは深夜。
心配する都に、和彦は「ハメを外すくらいはいいじゃないか」と、これまでのわが家の平穏 への不満をぶちまけるのだった。
都は竜彦のせいだ、と西洋屋敷に出かけるが、そんな都を、久しぶりに都が撮りたい、意欲が湧いたとカメラを向け、容赦なく竜彦はシャッターを切った。

第6話

都(岩下志麻)は西洋屋敷の前で地区民生委員の男に呼びとめられ、身寄りのない竜彦(山崎努)の身に急を要する大事があり、最も親しい人に話したいという。
都はあえてそれ以上を聞かずに帰り、明美(樋口可南子)に電話でそれを告げる。
民生委員の話を聞き、竜彦のもとに馳けつけた明美は、すぐに入院、手術をすすめる。
竜彦は悪性の腫瘍に視神経をおかされ、ほっておけば生命にかかわる状態なのだ。
が、手術をすれば失明する、それよりは死ぬ方がいいと竜彦は聞かぬ。
困った明美は和彦(鶴見辰吾)に頼みこむ。
しかし、実の息子の和彦の説得も竜彦は「長生きして何がいい?」ととり合わなかった。
思い余った和彦は母の都に打ちあけるが、都はいまさらあんな人が何を、とつき放すのだった。
しかし内心気になる都はかえって意識的に夫の省一(河原崎長一郎)を大事にしようとつとめ、一方、事情は判らぬながら和彦の 態度を案じる妹の良子(二階堂千寿)は上級生の多恵子(荒井玉青)と和彦をデイト させるなど、心を配った。
突然、その竜彦が望月家の玄関先に現われた。
都は竜彦の身勝手を責め、これ以上平和な家庭を乱さないでくれと追い帰そうとする時、折悪しく良子が帰ってきて、すべてを知ってしまう。
その夜、ついに都は省一に竜彦の出現を正直に話すのだった。


©フジテレビジョン

放送ラインアップ

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法