ジャンル別番組一覧

天皇の料理番メインビジュアル天皇の料理番メインビジュアル

第12話「水飴とかけがえのない女」

第12話「水飴とかけがえのない女」
第12話「水飴とかけがえのない女」
第12話「水飴とかけがえのない女」


辰吉(明石家さんま)の便りで勝五郎(山田パンダ)が自殺した上、トシ子(壇ふみ)が借金を背負いこんだまま蒸発したことを知った篤蔵(堺正章)は、後ろ髪を引かれる思いでパリを離れ、日本に向かった。

待望のジョルジュ・サンクに勤め始めたばかりだったが、やはりトシ子は篤蔵にとってかけがえのない女だった。

東京に着いた篤蔵は、辰吉の助けを借り、毎日、トシ子を捜し当て、力いっぱい抱きしめた。

篤蔵は、もう二度とトシ子を離さないつもりだった。が、そのころ、フランソワーズ(セーラ)は篤蔵に会いたい一心で、新太郎(鹿賀丈史)とともに日本に向かっていた。

トシ子と料亭に住み込みで働くことになった篤蔵は、宇佐美(財津一郎)に挨拶に行った。志を曲げて帰国した篤蔵を、宇佐美は容赦せずに殴りつけた。

しかしその夜、宇佐美は篤蔵を訪れ、いきなり「精養軒へ来い」というのだった。


©テレパック

放送ラインアップ

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法