ジャンル別番組一覧

ドラマ「時代劇 壬生義士伝 新選組でいちばん強かった男」メインビジュアルドラマ「時代劇 壬生義士伝 新選組でいちばん強かった男」メインビジュアル

2021年11月16日放送 第9話

第9話
第9話
第9話
第9話

鳥羽伏見で惨敗した幕府軍は薩長軍にひるがえる錦の御旗を見てさらに衝撃を受ける。しかし、貫一郎はひとり官軍に立ち向かう。「天皇様に弓引くつもりはござらねども、拙者は義のために戦ばせねばなり申さん」無数の銃弾と刀傷を受けて血だるまになった貫一郎に隊士が駆け寄る。「逃げろ!吉村」「でき申さん…南部の侍は、義に背くような真似は致し申さん」そんな貫一郎を殴りつけたのは斎藤だった。「女房やガキや、南部の話ばかりする貴様が、俺は大嫌いだったんだ!それを今更なんだ!押し通せ!」「おもさげながんす…!」走り去る貫一郎の背に斎藤が叫ぶ「吉村、死ぬな!」盛岡南部藩大坂蔵屋敷…倒幕か佐幕か旗色を決めかねていた南部藩にとって、新選組の脱走兵をかくまうことは、藩の運命をも左右しかねないことである。差配役の大野としては貫一郎に切腹を命じることが、出来る事のすべてだった。その夜、大野は不器用な手で握り飯を作り、佐助に持っていくよう命じる。「これは、南部の米でやんすなあ」貫一郎は顔をくしゃくしゃにして泣いた。腹を切り、虫の息となった貫一郎の目の前に、しづの幻影が現れる。「長い間、本当に、本当にご苦労さんでござりあした…どうか、お心おきなく、あの世を行って下んせ」「しづ、有り難えことじゃ…」血の海の中の貫一郎を見て、大野の中でなにかが切れる…「貫一!死ぬな。わしを1人にしねでけろ。お前がいねえと、生きていけねのじゃ」遺髪を持って盛岡を訪ねた佐助を、しづは静かに迎える。「夢ば、見たのす。夢の中で、あの人はお別れば言うてくれましたですから、佐助さんが来ることは、何日も前から判っておりました」南部藩の評定で、大野はふっきれたように宣言する。「薩長討つべし。それより他に、南部武士たる一分の立つ道はない」官軍におしまくられる南部軍の陣を貫一郎の長男、嘉一郎が訪れる。大野は嘉一郎に告げる「わしを討て」と。「わしは、お前の父に腹ば切らせた。仇討ちは子の務めじゃ」嘉一郎はきっぱりと「父の罪ば償えぬ子が、父の仇ば討つわけにはいかねがんす…ごめん下せ」言い放ち、走り去っていく。こうして、大野は一級の戦犯として捕らえられ、貫一郎の家族の行く末を息子の千秋に託したうえで、斬首された。

放送ラインアップ

アクセスランキング

お知らせ

無料ドラマ・映画一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法