ジャンル別番組一覧

ドラマ「時代劇 壬生義士伝 新選組でいちばん強かった男」メインビジュアルドラマ「時代劇 壬生義士伝 新選組でいちばん強かった男」メインビジュアル

2021年11月2日放送 第5話

第5話
第5話
第5話

新選組の名声が高まるにつれて、局長の近藤は結成以来の生え抜きの同志より、論客の伊東甲子太郎などを重んじるようになっていた。なかでも高い身分出身の谷三十郎については、その弟の周平を養子にするほどで、これが鉄の結束を誇った新選組に軋轢を生じさせることになる。谷は、自分の刀を新調したいという私欲だけで隊の金を盗み、若い会計方の河合に罪をかぶせる。調役監察となっていた貫一郎は河合を助けるために手を尽くすが、近藤が妾を囲うために急に大金が必要になったことも重なって、河合は切腹を免れなくなる。このことに不満を持った斎藤たち隊士は、剣に心得のない谷に河合の介錯をするよう仕向ける。斎藤たちの思惑通り、谷は介錯で醜態を晒す。土方は谷の切腹を近藤に進言するが、近藤は谷の肩書きを理由に受け付けない。「近藤さん、あんたは一体、何を目論んでいる」「俺は新選組を、ただ人を斬るだけの集団で終わらせたくねえ」近藤の目的は、自分たちがもっと高い身分になることだった。こうして谷にお咎めはなく、隊士たちの不満は頂点に達した。遂には沖田、斎藤が謀り、谷を暗殺してしまう。死体を見た貫一郎は斎藤の太刀筋と見抜き、斎藤を告発しようとする。その足元に金を放る斎藤。「口止め料だ」色をなす貫一郎に、斎藤はさらに「どうした吉村。おぬしは女房子供のためなら、どんな汚い金でも拾うのでなかったのか」貫一郎は崩れるように膝をついて金を拾う。「仰せの通りこれが吉村貫一郎の誠でござる。よくぞ思い出させてくださいました」

放送ラインアップ

アクセスランキング

お知らせ

無料ドラマ・映画一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法