ジャンル別番組一覧

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」メインビジュアルドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」メインビジュアル

2021年1月19日放送 第10話 命守る最後の砦…私たちができること

第10話 命守る最後の砦…私たちができること

生活保護を受給している丸山梓(松本まりか)は、娘の丸山ハルカ(永岡心花)を1週間以上も放置し支給を止められた。激怒した梓は、恋人の宮川洋介(渋谷謙人)と生活課窓口に乗り込んできた。娘のことより金に執着する梓の態度に、生活保護費を支払うわけにはいかないことを告げると、宮川が暴れ出したため警察に通報。梓たちは連行される。ハルカを梓の元へ帰すのは危険と判断したえみるは、ハルカを児童養護施設へ預けるため親の同意書へのサインをもらうため、先輩ケースワーカー・半田明伸(井浦新)と梓を訪ねる。ハルカのことより生活保護費を気にする梓だったが、えみるの言葉に自分の行動がハルカを傷つけていたことに気づく。翌日、梓が同意書にサインしたことで、施設に入所したハルカだったが、ひどい扱いを受けたにもかかわらず、「母親の元へ帰りたい」と寂しそうな表情を浮かべる。ハルカや施設の担当者との会話で自分がしていることが正しいのか自問自答するえみる。過去に辛い経験をした半田の言葉を噛みしめ、梓が抱える事情を理解しようと動き出す。実は、梓もかつて施設で育っていた。そんな中、ハルカが学校から帰って来ないと連絡が入る。ハルカは施設の職員達に見つからないよう必死に梓を探していた。アパートに駆け付けたえみるは梓に遭遇し、ハルカが居なくなったことを伝える。「もう私には関係ない」という梓に、えみるは親身になって思いを訴え続け、娘の無事を知った梓はその場で泣き崩れた。その後、えみるに付き添われて施設を訪れた梓はハルカに心から謝罪。ハルカは涙しながら、梓に会わせてくれたえみるに感謝の言葉を述べる。生活課では予算が通り、新しく購入した自転車に盛り上がる職員たち。一番に新しい自転車に乗ったえみるの表情は希望で満ち溢れていた。

©柏木ハルコ・小学館/カンテレ

放送ラインアップ

アクセスランキング

韓国ドラマ「オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~」のサムネイル

韓国・韓流ドラマ

韓国ドラマ「オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~」

<BS初放送>チャン・ナラ主演のラブコメディ!
結婚よりは子供が先!?!? 私の“授かりロマンス”の相手は誰???結婚をせず子供だけを産みたいアラフォー女性と、彼女の目にとまった3人の男性のロマンスを描く、共感度抜群ラブコメディ♡
出演:チャン・ナラ、コ・ジュン
ジャンル:ラブコメ

お知らせ

無料ドラマ・映画一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法