ジャンル別番組一覧

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」メインビジュアルドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」メインビジュアル

2021年1月12日放送 第8話 死の病と戦え!クズ男の真実

第8話 死の病と戦え!クズ男の真実

ケースワーカーとして2年目を迎えたえみるのもとに、生活保護受給者・赤嶺岳人(音尾琢真)が病院に搬送されたと連絡が入る。過度な飲酒が原因である急性膵炎だが本人は治療をする気がない。しかし赤嶺はアルコール依存症の疑いがあり、このまま飲み続ければ死に至る危険な状態だった。約束を破る赤嶺にショックと怒りを覚えるえみるだが、アルコール依存症は完治が難しく、自分の意思では治せないことを知る。先輩ケースワーカー・半田明伸(井浦新)の計らいでアルコール依存症に陥った人たちの“断酒会”を訪ねたえみるは、断酒と闘う依存者たちの現状を見せつけられる。アルコール依存症から回復させる困難さを知る半田は、えみるに介入のチャンスが訪れるのを待つようアドバイスする。再び病院に搬送さた赤嶺は、えみるの説得に応じ治療に専念することを承諾したが、自分が病気だという自覚がなく、えみるはアルコール依存症が“否認の病”と言われる理由を思い知る。先輩ケースワーカー・石橋五郎(内場勝則)は、かつて担当したアルコール依存症の利用者を自殺から守れず、感情移入することをやめてしまった過去をえみるに明かし、「義経さんなら救ってあげることができる気がする」と伝えた。3ヶ月の治療を終え、アルコール専門病院を退院した赤嶺は、えみるたちに感謝し治療に専念することを誓う。働きたい欲求が強い赤嶺は自立を目指すにも関わらず自助グループにいる歯がゆさを感じていた。数日後、居酒屋でアルバイトを始めた赤嶺。酒が近くにある環境を心配していたえみるの不安が的中し、赤嶺は再飲酒してしまう。赤嶺が失踪したという連絡を受けたえみるは赤嶺の部屋を訪問。酒瓶があふれる室内を見て唖然とする。区役所へ戻る途中、えみるは川岸にいた赤嶺を発見。意固地になっていた赤嶺だったが、えみるの「生きて欲しい」という気持ちが伝わり、もう一度やり直すことを決意する。赤嶺は治療に専念するため、アルバイトをやめて再び治療に向き合うことに。先の長い道のりでも、えみるは赤嶺にずっと寄り添っていくことを決心する。

©柏木ハルコ・小学館/カンテレ

放送ラインアップ

アクセスランキング

韓国ドラマ「オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~」のサムネイル

韓国・韓流ドラマ

韓国ドラマ「オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~」

<BS初放送>チャン・ナラ主演のラブコメディ!
結婚よりは子供が先!?!? 私の“授かりロマンス”の相手は誰???結婚をせず子供だけを産みたいアラフォー女性と、彼女の目にとまった3人の男性のロマンスを描く、共感度抜群ラブコメディ♡
出演:チャン・ナラ、コ・ジュン
ジャンル:ラブコメ

お知らせ

無料ドラマ・映画一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法