ジャンル別番組一覧

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」メインビジュアルドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」メインビジュアル

2021年1月5日放送 第6話 親子の謎解明!迫る父の恐怖

第6話 親子の謎解明!迫る父の恐怖

島岡光(佐野岳)が駅のホームで自殺未遂を図ったという知らせを受けた義経えみる(吉岡里帆)。怪我は大したことがなかったものの緊張が走る生活課。光の事故を知った父親・島岡雷(小市慢太郎)は、えみるから搬送先の病院を聞き出すため生活課に現れる。息子の居場所を教えるよう激しく強要する雷の豹変ぶりに驚くえみると生活課係長・京極大輝(田中圭)。自らの判断が、光の命の危険を招いたと感じた京極は、「この件は全て自分の責任で対応する」と宣言。会議を開き今後の対策を話し合うが、島岡親子が抱える問題が分からないだけに、答えを見い出せない。ショックが大きいえみるは、自分の考えを持てずにいた。病院では光が父親から過去に性的虐待を受けていたことが判明。父親と縁を切り、PTSDの治療に専念するよう主治医に告げられる。島岡親子の衝撃の真相を知り、無力さを痛感するえみるは京極に真情を吐露。心が折れかけるえみるだったが、先輩ケースワーカー・半田明伸(井浦新)や京極からの励ましの言葉に気持ちを持ち直す。えみるの同僚・七条竜一(山田裕貴)は光が入院する病院の近くで雷を目撃。連絡を受け病院に急ぐえみる。雷は京極になりすまし病院へ侵入するが、入室寸前にえみるが駆け付ける。えみるの説得に耳を貸さない雷。そこへ京極が現れ、厚労省に報告すると因縁をつける雷に対し冷静に反論を述べ、黙らせた。その後、光に生活保護の決定を報告。えみるは状況を把握できなかったことを謝罪。後遺症の治療や自立に向けて歩き出そうとする光に味方でいると伝えたえみるは「いつか誰かの力になれるよう、こんな風に少しずつ積み重ねていこう」と心に決める。

©柏木ハルコ・小学館/カンテレ

放送ラインアップ

アクセスランキング

韓国ドラマ「オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~」のサムネイル

韓国・韓流ドラマ

韓国ドラマ「オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~」

<BS初放送>チャン・ナラ主演のラブコメディ!
結婚よりは子供が先!?!? 私の“授かりロマンス”の相手は誰???結婚をせず子供だけを産みたいアラフォー女性と、彼女の目にとまった3人の男性のロマンスを描く、共感度抜群ラブコメディ♡
出演:チャン・ナラ、コ・ジュン
ジャンル:ラブコメ

お知らせ

無料ドラマ・映画一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法