ジャンル別番組一覧

藤沢周平時代劇 よろずや平四郎活人剣メインビジュアル藤沢周平時代劇 よろずや平四郎活人剣メインビジュアル

第4話

高利貸しを営む御家人に嫁いだ早苗(北川弘美)は、強欲で非情な夫・菱沼(石丸謙二郎)の人柄に内心嫌気がさしていた。
そんなある日、立ち寄った茶店で、平四郎が毎日ここに来て自分を待っていたことを知る。戸惑いながらも喜びを感じる早苗。
一方、平四郎は明石(益岡徹)から仕事の話を持ちかけられる。
依頼人は紙問屋の橘屋甚兵衛(田山涼成)で、息子・庄次郎(蟹江一平)と一緒に暮らしている女・おもん(星野真理)と別れさせて欲しいという。
甚兵衛は親不孝者の庄次郎を一度は勘当したものの、踏ん切りがつかず、跡継ぎにしたいと考えていた。
しかし、おもんが岡場所の女郎上がりと知り、金目当てで近づいたに違いない、女とは縁を切らせたいというのだった。
平四郎は三両の報酬を条件に、依頼を受けることに。平四郎は兄・監物(内藤剛志)から頼まれていた田島宅の見張りを暫く休むと樫村(伊藤洋三郎)に告げ、おもんに会いに行く。
おもんは平四郎からの話を素直に聞き入れ、手切れ金は要らないとキッパリ断る。彼女の人柄の良さに触れ、困惑する平四郎。
おもんが見知らぬ男と一緒にいるところを見ていた庄次郎は、おもんに問いただす。そして、父・甚兵衛の身勝手なやり方に腹を立て、怒りを露わにする。
報告のため橘屋を訪れた平四郎は、甚兵衛に「直接おもんに会って、その人柄を確かめるべきだ」と告げる。初めは断った甚兵衛だったが、平四郎に説得され、彼女と会うことにするが...。


©松竹

放送ラインアップ

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法