ジャンル別番組一覧

月曜スペシャル「銀幕の大女優~BS12人の女~」メインビジュアル月曜スペシャル「銀幕の大女優~BS12人の女~」メインビジュアル

まあだだよ

心温まる師弟の交流を描く、巨匠・黒澤明の最後の監督作品。
 
【ストーリー】
昭和18年、春。30数年勤め上げた大学をやめ、文筆に専念するという百?先生に、ひとりの教え子はこんな言葉を贈った。「学校の先生をやめても、先生は先生です。先生は金無垢だ。混ぜもののない金の塊。本当の先生だ、という意味です。先生は僕たちにドイツ語以外になんだかとても大切なことを教えてくれたような気がします」“仰げば尊し、わが師の恩…”誰にも忘れられない先生がいる。でも、百?先生は特別だった。退職後、先生が引っ越した家はいつだって教え子たちのたまり場だった。中でも、もういい中年の高山、甘木、沢村、桐山の4人組はなんかかんかと理由をつけてはやってきた。それにしてものこの家、構えの割には家賃が安い。泥棒が入りやすい家という噂だ。先生は「泥棒がどうしても入れない方法を編み出した」と自信満々。不思議に思った高山と甘木は、ある夜こっそり先生宅を訪れる。だが、みればなんと風呂場の戸が半開き。それみたことかとばかり中をのぞき込んだふたりは目を丸くする。“泥棒入口”なる、妙な立札が。その先に“泥棒通路”、そしてご丁寧にも“泥棒休憩室”まであり、タバコ盆に座布団まで置いてある始末。「一本やられた。やっぱり先生は金無垢だ」高山の一言に甘木もニヤリとうなずいた。ふたりはなんだかとても満ち足りた気持ちで夜道を帰るのだった。
 
【出演者】
松村達雄、香川京子、井川比佐志、所ジョージ、油井昌由樹、寺尾聰、小林亜星、日下武史
 
【スタッフ】
脚本・監督:黒澤 明
ゼネラルプロデューサー:徳間 康快、小暮 剛平
制作:山本 洋、入江 雄三
プロデューサー:黒澤 久雄
原作:内田 百?(福武書店「内田百?全集」より)

©KADOKAWA 1993

放送ラインアップ

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ドラマ・映画一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法