ジャンル別番組一覧

達磨大助事件帳メインビジュアル達磨大助事件帳メインビジュアル

第26話「夕陽の渡り鳥」

第26話「夕陽の渡り鳥」
第26話「夕陽の渡り鳥」
第26話「夕陽の渡り鳥」
第26話「夕陽の渡り鳥」
第26話「夕陽の渡り鳥」


夜道を歩くほろ酔いの辰吉。「助けてくれ!」叫び声を聞いて、その方角へ走り出す。大工が頬かむりの男に襲われているのを止めに入る。頬かむりの男は辰吉の顔を見ると、すぐに逃げてしまった。

襲われていたのは材木町で大工の棟梁をしている源蔵。

あくる朝、いつものように三つ指ついて大助を見送る雪絵だが「旦那様」「今日は、魚屋が"いいてぇ"を届けてくれますので」「てぇの刺身をご用意いたします」「お早いお戻りを・・・」

また魚屋が妙な入れ知恵をしたようだ。大助は奉行所へ向かう途中辰吉から昨夜の話を聞く。頬かむりの男は伝馬町から寄せ場送りになった銀次に間違いない。

娑婆に居た時は腕のいい大工だったが仕事のいさかいで仲間を傷つけ捕まった。牢番をしている辰吉の勘では銀次に悪い匂いがしない。大助は銀次の傷害事件を調べ直す。

大助は源蔵が棟梁の松五郎殺しの下手人だと確信する。さらに大川の船着き場の抜け荷や手抜き工事の裏工作があったことも判明する。銀次は松五郎の娘お澄が女郎になっていた事を知り、お澄に会いに千住向かう。
そこには刺客の笹川待っていた。大助は銀次を救うために二人の前に立つのだった。


©国際放映・前進座

放送ラインアップ

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ドラマ・映画一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法