ジャンル別番組一覧

達磨大助事件帳メインビジュアル達磨大助事件帳メインビジュアル

第3話「父子だるま」

第3話「父子だるま」
第3話「父子だるま」
第3話「父子だるま」
第3話「父子だるま」
第3話「父子だるま」


雪絵を伴って川沿いを散歩する大助。茶店に立ち寄り、他愛ない話をしていると他の席で握飯を食べている職人の背後から忍び寄る女の子。
握飯を一つ盗ると、一目散に川原の茂みへ。大助はそっと追いかけしゃがみこんで握飯を頬張る女の子に優しく話しかける。
「お家は何処だ。人のものを黙って盗ったりしちゃいけないな。おじちゃんが謝ってあげるから、一緒においで」。
すると女の子は大助の顔に握飯を擦り付けて、逃げてしまった。後日、ところ変わって奉行所の中庭。青柳軍蔵がえらい剣幕で怒鳴っている。
「極悪人め」と竹刀を振り下ろした。縛られているのは小さな女の子。書類の束を持った大助が廊下を通りかかり「青柳さんどうしたんですか」と声をかける。
大助は女の子の顔を見てびっくりあの握飯の女の子だった。今日は青柳の団子をかっぱらったのだそうだ。
大助は「私に考えがあります」と言ってこの子を預かる。なにしろ強情な子で、何を聞いても一言も喋らない。
まずは家を突き止めるために鰻をご馳走して、そのまま帰って良いよと見送る。仙太に後をつかせると、裏長屋へ入ったところで、近所のおばちゃんに事情を聞く。
娘の名前は加代父親・豊次郎と二人暮らしだが今は伝馬町の牢に入っている。豊次郎を訪ね伝馬町に向かう大助は娘の為にも早く出られるように働きかけると誓うのだった。
その夜伝馬町の牢で火災が発生、一時の解放しとなり、牢から出られることになる、娘の待つ、入谷に向かうが同じ牢に入っていた島造にそそのかされ、島造の女お富の家に引き込まれ、金貸し殺しの下手人にさせられてしまう。
計られた豊次郎は島造とお富を探すのだった。指名手配の豊次郎は与力に囲まれ取り押さえられる寸前に島造一味に助けられる。
その内情は夜嵐一味の隠し金のありかを探すためだった。この事実を知った大助は島造一味を追いつめるのだった。


©国際放映・前進座

放送ラインアップ

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法