ジャンル別番組一覧

マーケット・アナライズplus+メインビジュアルマーケット・アナライズplus+メインビジュアル

NY市場は今も史上最高値を更新中、歴史的な上昇相場が継続中

2017年8月6日 【先週のTOPIX 業種別騰落率】

「NY市場は今も史上最高値を更新中、歴史的な上昇相場が継続中」

鈴木一之です。九州北部の豪雨に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

8月に入りました。お盆、終戦記念日、原爆の日。8月は日本人にとって過去と未来をつなぐ特別な季節です。

夏休みも真っ盛り。8月は高校球児たちの夏でもあります。青い空、白い雲、ブラスバンドのマーチ、草の匂い、夕立ちの匂い。最後に甲子園に行ったのは30年以上も前のことです。今年は日帰りで行ってこようかな、と目論んでいるところです。


先週の東京株式市場は、TOPIXが反発しました。決算発表を粛々とこなして、マーケットは堅調さを増しています。

日経平均やTOPIXなど、株価指数の動きが取れないのはあいかわらずのことですが、その中にあって、JPX日経400が高値を更新したり、マザーズが急落したりと、日々変化は生まれています。

しかし何と言っても、世界の耳目は明らかに米国市場に注がれています。NY市場では衆人環視の中で、今週もNYダウが史上最高値を連発しました。


株価の割高感が指摘されて久しいのですが、金利が上昇しても、金利が低下しても、株価は上昇しています。原油が上がっても下がっても、決算内容の好調さを反映して株価は上がっています。

いずれどこかで株価下落という形での調整が入ることでしょう。それが激烈なものになるのか、穏やかな下落にとどまるのか、それは現時点ではわかりません。世界中の投資家がハラハラしながら見守っています。

警戒心が非常に強いだけに、かえって下落は軽微なものに終わりそうにも感じられます。楽観が広くあまねく支配したその先に、バブル崩壊というきついお仕置きが待っているのではないでしょうか。

東証に戻って、先週のセクター別の動きでは、TOPIX-17業種のうち、値上がりセクターが13業種、一方で値下がりセクターが4業種でした。
 

幅広いセクターが上昇しましたが、中でも値上がり上位には「商社・卸売」、「鉄鋼・非鉄」の景気敏感株が登場しました。

三菱商事(8058)、三井物産(8031)、JFEホールディングス(5411)などが堂々と上値を志向しています。それまでの化学セクターの騰勢が一服したと思ったら、今度はあらためて好決算の商社、鉄鋼が買われました。

比較的小さめの動きですが「小売」セクターの健闘も目立ちました。2月決算で一足先に決算発表を終えている良品計画(7453)、ニトリHD(9843)、ロイヤルHD(8179)を筆頭に、パルコ(8251)、4℃HD(8008)、トリドール(3397)、サイゼリヤ(7581)などが急速に息を吹き返しています。


そして地味ながらも健闘しているのが「建設・資材」セクターです。値上がりセクターの第5位に登場しました。

大成建(1801)、鹿島(1812)、西松建設(1820)、大東建託(1878)などの大型株から、ショーボンド(1414)、ミライトHD(1417)、東建コーポレーション(1766)の小型株まで、建設株が軒並み高値をうかがう展開です。

東京五輪まであと3年。この炎天下でも東京都心部では建設ラッシュが続いています。資材価格も値上がりが顕著となってきました。インフラ整備、都市再開発は全国どこでも進んでいる様子です。

反対に値下がりセクターでは「食品」が特に目立ちました。決算内容がよくても株価は材料の出尽くし感から下落する、という傾向は少し前の小売セクターと同じです。


そうであれば、食品セクターの出直りは1か月後になるのでしょうか。

むしろ気になるのはテクノロジー株の動きです。東京エレクトロン(8035)の下げが目立ってきました。半導体製造装置の歴史的な大相場も一段落しつつあることがうかがえます。


徐々にですが循環物色が始まりつつあります。見えないところで機関投資家の参入が始まっているようです。

ホワイトハウスのスカラムッチ広報部長が就任10日間で辞任しました。事実上の解任です。ここでの教訓は、公人の発する言葉はそれほどまでに重要だということです。


言論の自由が守られるのは先進国であれば当然です。しかし乱暴な表現や言葉使いは慎まなければなりません。

スカラムッチ氏の在職期間は記録的短時間に終わりましたが、自浄作用が働いているトランプ政権はまともだと感じました(こんな人を就任させること自体、間違っていると言えばそれまでです)。

米国の話題ばかりですが、ダルビッシュ有投手がドジャーズに移籍しました。前田健太投手とともに先発陣の3番手、4番手を構成します。


同じチームに前田とダルビッシュがいるなんて、日本人からすれば夢のような世界です。

両エースという点では、かつての江川と西本(巨人)、江夏と村山(阪神)、工藤と渡辺(西武)、杉内と斉藤(ソフトバンク)、杉内と和田(ソフトバンク)でしょうか。最近では則本と美馬(楽天)です。

どの組み合わせを見ても、そのチームの絶頂期に出現しています。

しかし何と言っても、やっぱり「前田とダルビッシュ」です。ロサンジェルス・ドジャーズ、恐るべし。ワールドシリーズ制覇が早くも現実のものとなってきました。

以上





NY市場は今も史上最高値を更新中、歴史的な上昇相場が継続中

2017年8月12日 【今週のTOPIX 業種別騰落率】

「NY市場は今も史上最高値を更新中、歴史的な上昇相場が継続中」

鈴木一之です。お盆休みに入りました。海に山に、皆さまいかがお過ごしですか。


北朝鮮リスクが再び急浮上しています。
「小型の核弾頭の開発に成功」とのワシントンポスト紙の報道、グアムの米軍基地を攻撃するという具体的で現実的な北朝鮮の軍事行動の表明、最高司令官であるトランプ大統領による非難の応酬、米民主党議員による冷静な対処を求める書簡の送付、などなど。

 

まるで映画の世界のような出来事が世界中のニュースとして飛び交っています。しかしこれはバーチャルなSFXの世界ではなく、現実の世界の出来事です。
 

日本が「山の日」の3連休前、最後の取引を終えた木曜日に、米国の株式市場が急落しました。NYダウ工業株は▲204ドルの続落で▲0.93%の下落。Nasdaqはもっと下げて▲135(▲2.13%)とかなり大きく下落しました。


もともと米国の株式市場が史上最高値の水準にあり、あらゆる指標面で割高感が指摘されていたところへ、北朝鮮リスクが再燃したことから、買いを入れる手がかりが見つからない状況になったのが主因です。


NYダウ採用銘柄では、木曜日はキャタピラー、ウォルマート、ディズニーの下げが目立っていました。ここでもGS、JPMなどの金融株が値を切り下げています。
 

そして気がかりなのは、何と言ってもテクノロジー株の行方です。

木曜日はアップル(▲3.2%)、AMD(▲5.5%)、エヌビディア(▲4.3%)など、テクノロジー株の主力は軒並み大きく下落しました。
 

このほかにもテスラ(▲2.2%)、アマゾン(▲2.5%)、フェイスブック(▲2.2%)、アルファベット(▲1.7%)、マイクロソフト(▲1.5%)となっています。

世界中の株式市場が下落した木曜日、日経平均先物の夜間取引は、金曜日早朝の時点で19350(▲360)まで値下がりしました。金曜日の海外市場の動きが非常に気になります。


そして8月11日、金曜日。

韓国は▲1.69%と大きく下落。香港▲2.04%、フランス▲1.06%、英国▲1.08%、いずれも厳しい下落ですが、ドイツはほとんど動きはありませんでした。


米国市場。NYダウとNasdaqは小幅ですが、反発しました。

NYダウ+0.07%、Nasdaqも+0.64%です。


金曜日のアップルは+1.39%で反発。AMDも+0.91%、テスラ(+0.69%)、アマゾン(+1.16%)、フェイスブック(+0.41%)、アルファベット(+0.79%)、マイクロソフト(+1.53%)となっています。


ただしエヌビディアだけは▲5.33%と大きく続落しています。

米国の7月CPIは0.1%の上昇にとどまりました。2か月連続での前月比マイナスからわずかなプラスに転じましたが、市場予想を5か月連続で下回りました。

エネルギーと食品を除いたコア指数は0.1%の上昇で、前の月と同じ程度の伸びです。こちらも市場予想には届きませんでした。


10年物国債金利は2.19%(▲0.01%)、2年物国債金利も1.29%(▲0.04%)に低下しました。FRBによる12月の利上げ観測はまた一段と後退した模様です。
 

グアムと韓国で緊張がこれほど高まっている状況なので、世界の株価の戻りが鈍いのは仕方がないところです。上にも下にも動かないという、ガチガチの日経平均のこう着状態から脱出するにはこれくらいの理由が必要だったということでもあります。
 

月曜日の東京市場にもある程度の影響が出るのは仕方のないところです。それを考慮した上で、いつものことですがこのような時は「何が下げて、何が下げないのか」という、虫メガネを使った個々の銘柄の値動きの精査が必要です。
 

折しも日本でも3月決算企業の決算発表がほぼ出そろいます。心配された東芝もようやく決算書類を提出しました。それらの数字を吟味しながら、電卓をたたいて売上げ・利益の伸び、配当利回りの水準を見比べていく作業が待っています。
 

先週の東京株式市場は、TOPIXが反落しました。前週の上昇分をそっくり打ち消してしまいました。

セクター別では、TOPIX-17業種のうち、値上がりセクターが5業種、一方で値下がりセクターが12業種でした。

上昇したセクターは限られましたが、その中で値上がり上位には、引き続き「鉄鋼・非鉄」が登場しました。非鉄株の上昇が顕著です。
 

また「小売」セクターの健闘も2週にまたがって目立ちました。2月決算企業が多いため、先に決算発表を終えているという安心感からか、良品計画(7453)が上場来高値を再び更新しました。
 

このほかにもビックカメラ(3048)、ケーズHD(8282)の家電量販店や、ニトリHD(9843)、ロイヤルHD(8179)、4℃HD(8008)、トリドール(3397)、ほかにもゲンキー、ウエルシア、ツルハHD、壱番屋、マツキヨ、ゼンショーHD、ココカラファインなど、一斉に上昇を再開しています。


反対に値下がりセクターには、「金融(除く銀行)」や「銀行」、「不動産」などの金融セクターが不調でした。みずほフィナンシャルグループ(8411)のように大手銀行株の中には、保ち合いレンジを下放れるような軟調な動きも目立ちました。
 

「電機・精密」、「機械」というハイテクセクターも、米国市場の動きに連動して、半導体関連株を中心に神経質な展開が続きそうです。
 

高校野球が始まりました。球児たちの全力プレーがまぶしくて、テレビの前から離れることができません。

グランドの球児の全力投球、全力疾走ばかりでなく、応援に回っているスタンドの控え選手の声援や、吹奏楽部の皆さんの熱演に、ただただ見とれてしまいます。勝ち負けを飛び越えて、今この瞬間が永遠に続くといいのに、などとぼんやり考えながら、いつまでも熱戦に見入っております。

以上





放送情報

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

情報・ドキュメンタリー一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法