ジャンル別番組一覧

BS12スペシャルメインビジュアルBS12スペシャルメインビジュアル

2019年11月23日(土)深夜3:00~【24日(日)午前3時】放送 核の記憶 89歳ジャーナリスト 最後の問い

核の記憶 89歳ジャーナリスト 最後の問い

予告動画



このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.

 
 

令和元年度(第74回)文化庁芸術祭参加作品
映文連アワード2019 審査員特別賞受賞
第6回ATP上方番組大賞・特別賞受賞
第26回坂田記念ジャーナリズム賞受賞

2018年8月に放送した内容を一部再編集してお送りします

日本で現役最高齢のテレビディレクターといわれる鈴木昭典、89歳。ドキュメンタリーを60年以上作り続けてきた。
広島に原爆が投下された8月6日、ニュージーランドでも追悼集会「ヒロシマ・デー」が開かれる。鈴木は、その背景を知るためニュージーランドを訪れ、ニュージーランドも多くの被ばく者を抱える事実を知る。帰国した鈴木は、核被害は今の問題であることを確信し、ヒロシマ・ナガサキの被爆者の実態を調べ始める。そんな矢先、鈴木自身の体に癌が見つかった。
この番組は、89歳のディレクターが、人生最後の仕事として3年半にわたり核被ばくの実態を取材したドキュメンタリーです。

ナレーター:檀ふみ
女優。高校生の時に映画デビュー。翌年からNHK「連想ゲーム」のレギュラーを15年間つとめ、お茶の間の人気者に。
国内で映画「男はつらいよ・寅次郎純情詩集」「山桜」、ドラマ「日本の面影」「春の波濤」「花の乱」「藏」「功名が辻」「花燃ゆ」他、数多くの作品に出演する。

放送ラインアップ

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法