ジャンル別番組一覧

新着情報

2021/09/09 児童虐待を様々な視点から見つめるドキュメンタリー BS12スペシャル「もつれた糸 ー虐待通告 19万件の裏側でー」9月17日(金)よる9時00分~BS12で放送

全国無料放送のBS12 トゥエルビでは、BS12スペシャル「もつれた糸 ー虐待通告 19万件の裏側でー」を9月17日(金)よる9時00分から放送いたします。

BS12スペシャル「もつれた糸 ー虐待通告 19万件の裏側でー」
生後すぐに娘を一時保護された家族
BS12スペシャル「もつれた糸 ー虐待通告 19万件の裏側でー」
越前市役所・子ども子育て総合相談室 親子の課題に等身大で寄り添う取り組みを実践している
BS12スペシャル「もつれた糸 ー虐待通告 19万件の裏側でー」
福井県越前市の児童養護施設・一陽 社会的養護を必要とする子どもたちは後を絶たない

1.番組紹介

子どもを救うには、親も救われなければならない。児童虐待を様々な視点から見つめるドキュメンタリー。

『娘が児相に連れていかれました』母親から衝撃的なメッセージが飛び込んできた。児童相談所からの通知には「養育環境等調査のため保護を要する」と短い一文が記されているだけだった。親の同意がなくても子どもを引き離す一時保護。幸せな一家をおそった悲劇はなぜ起こってしまったのか。その裏には年間19万件、年々増え続ける虐待相談がある。虐待にさらされる子どもたちを受け入れる児童養護施設は、小さな命と懸命に向きあっている。子育ての不安にかられる母親たちに寄り添う行政の取り組みも始まっている。番組は「家族」として生きること、そのために手を差し伸べようともがく人々の姿を追った。

ナレーションは高杉真宙さんが担当。

BS12スペシャル「もつれた糸 ー虐待通告 19万件の裏側でー」
ナレーションは高杉真宙さん
 

「BS12スペシャル」のコンセプトは、「過去に、起きたこと。今、起きていること。これから、考えなければならないこと。『知らない』ことに、ほんの少し光を当てるドキュメンタリー。」2021年放送の「村本大輔はなぜテレビから消えたのか?」は、第11回衛星放送協会オリジナル番組アワード グランプリを受賞。

2.放送スケジュール

初回放送日:2021年9月17日(金)よる9:00~10:00
再放送日:2021年10月5日(火)よる9:00~10:00

3.ナレーション収録を終えた高杉真宙さんにインタビュー

■児童虐待という重いテーマですが、この作品のナレーションを受けようと思われた理由は?
1時間の映像と自分のナレーションで作品が進行していく、こういった番組に関わらせていただくのは初めてです。自分が語ることで、どれだけ伝わるものになるのかと不安な気持ちもありましたが、台本を拝見してすぐ、「やりたい」と思いました。
役者としてやるべきことは、“伝えること”。それは、感情やストーリーを伝えるということだけではありません。知ろうとしなければ知れないこと、知ることで見える世界が変わっていく大事なことを、自分の語りでいかに届けていくかということを考えながら挑戦させていただきました。この機会をいただけたことを大変ありがたく思っています。

■今回の作品で感じたことは?
23、24歳くらいの頃から、なぜかすごく思うようになったことがあるのですが、それは、子どもにとって、「これからが楽しみだね」「なんでもできるよね」というのがいかに素晴らしいことか、ということ。子どもや学生、若い人を見ると、自由に選べる明るい未来があってほしいと願うようになったんです。今回の作品に携わって、「それは、親もだ」とハッとしました。親の側にも、きちんと知らなければいけないことがある、人のつながりや救いが必要なのは、子どもだけではないのだと知ることができました。

■特に印象に残ったシーンは?
田中涼さんという児童養護施設で働く男性が登場するのですが、この方と子どもたちのつながりですね。きっと「先生」と呼ぶのも違うんだろうな、というようなつながりで。田中さんだけでなく、子に対し、親に対し、救いの手を差し伸べようとする人々がいて、「家族」という言葉の解釈は、人のつながりによってさまざまだなと感じました。

■番組をご覧になる方へメッセージを。
今回、ナレーションとして携わらせていただいて、自分が直接関わりのない人たちのことを、どれだけ見ることができるか、知ろうとできるかがとても大切だと感じました。知るか知らないかで、見える世界が変わってきます。自分が住んでいる狭い世界で目にすることだけで、決めつけていなかったか?と思わせてくれる作品でした。
子どもが笑顔でいられることが、何よりも約束されるべきこと。子どもたちの「何だってできる明るい未来」が守られることを願っています。

高杉真宙(たかすぎまひろ):
1996年7月4日生まれ。09年より俳優活動をスタート。12年映画「カルテット」にて初主演を務める。14年映画「ぼんとリンちゃん」にて第36回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。17年映画「散歩する侵略者」にて第72回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を受賞。18年主演映画「笑顔の向こうに」が第16回モナコ国際映画祭でエンジェルピースアワード最優秀作品賞を受賞。近年では「賭ケグルイ」シリーズや、映画「バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら」、ドラマ「ホメられたい僕の妄想ごはん」、舞台「てにあまる」などジャンルに縛られず数多くの話題作に出演。

ページTOP

視聴方法