マーケット・アナライズplus+

番組詳細

2017年03月12日

3月12日

2017年3月12日 【先週のTOPIX 業種別騰落率】

「東京・新宿・in Japan、無事に終了しました!」

鈴木一之です。土曜日は「リアル・マーケット・アナライズ in Japan」を開催しました。本当に大勢のお客様にお越しいただき、ありがとうございました。

壇上ではたくさんの拍手をいただき、休憩時間のロビーでも多くの方からお声をかけていただきました。そのひとつひとつが何よりも励みになります。

これからも皆さまに何か形のあるもの、形のないもの、どちらも合わせてお届けできますよう努めてまいります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

先週の東京株式市場は、TOPIXが続伸しました。3週続けての上昇です。

トランプ大統領の初めての議会演説をきっかけに、NY市場の歴史的な上昇記録はいったんは止まりました。それに合わせるかのように撃ち込まれた北朝鮮の4発のミサイル発射が緊張感を高めましたが、日本の株式市場はしっかりしています。

週末に115円まで円安・ドル高が進んだため、日経平均はようやく年初来高値を更新しました。週初までこう着感が強く、日経平均が4日続落していたため、週末の上昇は多少意外感があります。

それは物色の内容にも表れています。中心となる銘柄が少しずつ変化しています。

セクター別では、TOPIX-17業種のうち13業種が上昇、4業種がマイナスでした。

プラス方向で目立ったセクターには、「エネルギー資源」、「建設・資材」に続いて、「自動車・輸送機」と「電機・精密」が登場しました。とりわけ自動車セクターが値上がりの上位に食い込むのは今年初めてのことです。

トランプ政権の保護主義的な通商政策はここにきて少し影をひそめています。為替の円安誘導の非難もトーンダウンしており、安心感が出てきたのでしょうか。

今週はサウジアラビアのサルマン国王が来日します。番組で住友商事の高井裕之さんが指摘されていたように、日本とサウジの間で経済が活発に動き出す気配です。トヨタ自動車(7203)はさっそくサウジでの工場建設に向けたフィージビリティスタディに踏み切るようです。

エレクトロニクス株もソニー(6758)が高値を更新し、半導体関連のキヤノン(7751)や東京エレクトロン(8035)、京セラ(6971)などもしっかりしています。

反対に値下がりセクターには「鉄鋼・非鉄」、「商社・卸売」が登場しました。原油市況が急落していることが気がかりです。やはり先月末のトランプ大統領の演説に、大規模なインフラ投資に関する具体的な内容が盛り込まれなかったことが影響しているのでしょうか。

日曜日の本日、別の株式セミナーで大阪に行ってまいりました。日帰りです。(それもあって当レポートのアップデートがこれほど遅い時間になってしまいました。申し訳ございません。)

日曜日の大阪・梅田はびっくりするくらいの人出で、まっすぐに歩けません。阪急百貨店、阪神百貨店、大丸のデパ地下をぐるぐる散策してきましたが、こちらも驚くほどの混雑です。

インバウンド消費の恩恵もあるのでしょうが、関西圏の景気のよさを実感しました。前週は小売セクターの株価が意外にもしっかりしていると報告しましたが、すかいらーく(3197)、ロイヤルHD(8179)、サトレストランシステム(8163)、木曽路(8160)、幸楽苑HD(7554)など、右肩上がりの基調の強さはそのまま変わっていないようです。消費の基調は強いですね。

大阪と言えば、大相撲の大阪場所が今日から初日です。今日からの2週間、楽しみが増えました。がんばれ、稀勢の里。

以上






放送情報


  • facebook
  • twitter