ドラマ「まんが道」

番組概要

4月18日(木)17:00~放送スタート! 毎週木曜放送!

「オバケのQ太郎」、「ドラえもん」など、人気キャラクターでおなじみの二人で一人の漫画家・藤子不二雄(当時)の自伝漫画をドラマ化。
二人の故郷、富山県・高岡市と手塚治虫ほか人気漫画家たちが居住した「トキワ荘」と当時の東京を舞台にして、漫画家を志す二人の夢と情熱をユーモラスに描く青春編。


2話連続放送 全 15 話

■原作
藤子不二雄
■出演
竹本孝之、長江健次、江守徹、冨士眞奈美、蟹江敬三 ほか
■脚本
大久保昌一良

次回予告日時:4月18日(木)17:00〜

第1話・第2話

昭和 27 年春、富山県高岡中央高校 3 年の満賀道雄(竹本孝之)と才野茂(長江健次)は、卒業を前に、就職をしようとしていた。

二人は漫画を通じての無二の親友で、サラリーマンよりも、漫画家になりたかった。

しかし、父を亡くしている道雄は、母や弟のためにも働かねばならない。

道雄は富山の新聞社の入社試験をうけたが、できは思わしくなく、気落ちして帰宅したところ、二人にとっては神さまといえる手塚治虫先生からのハガキが届いていた。


©NHK



  • facebook
  • twitter
×