韓国ドラマ「我が家のハニーポット」

キャスト

オ・ボム役 :ソン・ジウン(Secret)
オ・ボム役 :ソン・ジウン(Secret)

天性の絶対的な味覚を持ち、伝統酒メーカー<プンギルダン>への就職を夢見るオ家の長女。ある日父親を事故で失い多額の借金を背負ってしまう。だが実はボムには出生の秘密がありオ家の実の娘ではないことを知らずに育ったのだった。その後<プンギルダン>に就職しマルと急接近していくが、そこに本部長のアランの婚約者であるチーム長のテホがあらわれ・・・。

ソン・ジウン(Secret):
1990年5月5日生まれ。K-POP女子アイドルグループ(Secret)のメンバー。2014年には日本でソロデビューも果たしている。活躍の場を、歌だけでなく、舞台、バラエティーと広げており、「我が家のハニーポット」で見事に連続ドラマの主役を射止め、今後のドラマへの進出も期待される。


カン・マル役 :イ・ジェジュン
カン・マル役 :イ・ジェジュン

裕福な家庭で育ち、アメリカ留学中に母の誕生日のために帰国した際にボムと出会う。最初の出会いの印象はお互いに最悪だったが、その後急接近することに。母を事故で亡くしたことで、一転して貧乏人生に転落するが、それをきっかけに<プンギルダン>に就職することになりボムとの仲も深まることになる。だが、同じくボムに心を寄せるチーム長のテホに疎まれることに・・・。

イ・ジェジュン:
1990年10月20日生まれ。モデル出身。「恋愛操作団:シラノ」で俳優デビュー。映画「夜間飛行」では主演を務める。最近ではボーイズ・ラブをテーマにしたドラマ「Lover」出演で話題に。本作「我が家のハニーポット」でのさわやかイケメンぶり演技が注目を集め、今後のドラマ出演が最も期待される次世代韓流スターのトップグループを走る。


アン・テホ役 : キム・ミンス
アン・テホ役 : キム・ミンス

伝統酒メーカー<プンギルダン>のチーム長で、父は社長グッキの秘書長。グッキの娘で<プンギルダン>本部長アランは婚約者だが、我儘な性格のアランとうまくいかなくなり、<プンギルダン>に入社したボムの明るく素直な性格に次第に惹かれ始めて・・・。

キム・ミンス:
1983年9月20日生まれ。モデル出身で、2007年映画「M」でデビュー。その後モデル出身のスタイルと演技が評価され、ドラマ出演のキャリアを重ねる。「天使の罠」で注目され「白夜姫」「それでも青い日に」では主役級の役を演じることに。次第に演技にも円熟味が加わり今後さらなる大作への出演が期待される。


チェ・アラン役 :ソ・イアン
チェ・アラン役 :ソ・イアン

<プンギルダン>の本部長で、社長のグッキの娘でもある。チーム長のテホは婚約者だが仕事優先のアランは、自らテホを遠ざけてしまう。その後テホが新入社員のボムに惹かれ始めていると知るや、マルとテホを遠ざけようと様々な策を弄し始め・・・。

ソ・イアン:
1991年1月12日生まれ。2012年にKBSドラマスペシャル「ガラスの監獄」でデビュー。「幸せのレシピ~愛言葉はメンドロントット」で注目され本作「我が家のハニーポット」のアラン役に抜擢された。本作では清楚な外見と裏腹に我儘でしたたかな役どころを演じ、その演技の幅の広がりで視聴者を驚かせた。


ペ・グッキ役 :チェ・ミョンギル
ペ・グッキ役 :チェ・ミョンギル

大手伝統酒メーカー<プンギルダン>の女性社長にして天性の優れた味覚の持主。イ・ジョンギとの間に、アランとパランの2女をもうけるが、20年前に幼いパランが行方不明になるや、ジョンギとの仲がうまくいかなくなり別居生活となるが、今もパランを探し続けている。<プンギルダン>の入社最終試験では、受検者のボムの卓越した味覚に驚く。

チェ・ミョンギル:
1962年10月15日 生まれ。1981年にMBCドラマ『怒りの瞳』でデビューして、MBC演技大賞新人賞を受賞。その後順調にキャリアを重ね、数々の演技賞や海外での映画賞も受賞。近年では『明成皇后』などの時代劇でも注目された。


スタッフ

脚本:カン・ジンソン(「全てあげるよ」)
演出:キム・ミョンウク(「笑ってトンへ」、「君は僕の運命」)

<

  • facebook
  • twitter