月曜スペシャル「銀幕の大女優~BS12人の女~」

番組詳細

2017年04月17日放送

映画女優

女優—この世で最も不幸にして幸福な女。
市川崑監督作品 吉永小百合99本記念映画。
 
【ストーリー】
大正十一年、大阪の場末の映画館でくい入るようにスクリーンを見つめている一人の少女がいた。明治二十九年に輸入された映画が日本の土壌でやっと芽ぶきはじめた頃であった。三年後、少女の姿は東京、蒲田の松竹撮影所近くの小さな借家に見られた。女優を志した少女は京都の松竹下賀茂撮影所に臨時雇いとして入り、そこで清光宏監督と知り合い、松竹キネマ蒲田撮影所に大部屋女優として正式に採用が決まっていた。少女が女優になることに家族は猛反対したが、上京にあたっては母のヤエ、姉の玉代、兄の晴次と祥二、それに伯父の源太郎が関西での生活を捨てて同行していた。少女の小さな肩には一家の生活がかかっていた。
 
少女の名は—田中絹代、時に十六歳だった。
 
【出演者】
吉永小百合、森光子、横山道代、常田富士男、石坂浩二、渡辺徹、中井貴一、菅原文太、平田満、岸田今日子
 
【スタッフ】
監督:市川崑
脚本:新藤兼人、日高真也、市川崑
 
©1987 東宝

放送ラインナップ


  • facebook
  • twitter