知れば知るほどに、新たな楽しみと感動が広がるのが、宝塚歌劇の魅力。
夢と感動とロマンあふれる華やかな舞台の作品ラインアップの中から、様々な時代やジャンルを切り取って、華麗できらびやかな宝塚歌劇の世界をお届けします。
星奈 優里さん
番組MCの星奈 優里
  宝塚ドリーミング・シアター
 
宝塚ドリーミング・シアター
 
宝塚ドリーミング・シアター
 
 
  
ネオ・ダンディズム!−男の美学−
('06年星組・宝塚)
【放送日時】9月21日(土)15:00〜
【主な出演者】
湖月わたる、白羽ゆり、安蘭けい 他ネオ・ダンディズム!−男の美学−
【作品詳細】
作・演出、岡田敬二のロマンティック・レビュー・シリーズの第17弾。宝塚の男役の美学を追究したロマンチック・レビュー。星組トップスターの湖月わたるのサヨナラ公演。'06年星組・宝塚大劇場。湖月、白羽ゆり、安蘭けい 他。オープニングは男達が迎える中、大階段に純白のチャイナ服に身を包んだドラゴン(湖月)が登場し歌う。序詞師の男(安蘭)がダンディズムとは何かを語り出すと、ネオ・ダンディ(湖月)、バラの乙女S(白羽)が登場してテーマ曲での総踊りとなる。大草原、一人佇むガウチョ・スタイルのアルフォンゾ(湖月)、やがて静かにタンゴを踊り始めると、ビクトリオ(安蘭)ロベルト(柚希礼音)達が次々と現れ、情熱的なダンスに。中詰めは名場面キャリオカ。ダンディT(立樹遥)とダンディU(涼紫央)の歌をはさみ、一人の指導的な青年ポラリス(湖月)と友<女>S(白羽)、友<男>(安蘭)達の美しい友情と別れを惜別のダンスで。ロケットからフィナーレとなる。

ページトップに戻る

レ・ビジュー・ブリアン
('06年月組・宝塚)
【放送日時】9月28日(土)15:00〜
【主な出演者】
轟悠/瀬奈じゅん、彩乃かなみ、霧矢大夢、
大空祐飛 他
レ・ビジュー・ブリアン
【作品詳細】
追憶−琥珀、清楚−真珠、歓喜−ダイアモンド、嫉妬−ルビーなど、宝石の持つイメージをテーマに、人生の重要な瞬間をドラマティックに表現したレビュー。作・演出は酒井澄夫。'06年月組・宝塚大劇場。轟悠(専科)、瀬奈じゅん、彩乃かなみ、霧矢大夢、大空祐飛 他。豪華なネックレスに乗り、ビジューの男S(瀬奈)が主題歌を歌いながら登場。光り輝くダイヤからダイアの紳士S(轟)が現れ、華やかなパレードとなるプロローグ。小さな店の前、アンリ(瀬奈)がイヴォンヌ(彩乃)に宝石を買ってやれない事を嘆いていると、突然銃声が聞こえ…。中詰めは、真夜中の博物館、ビッグダイアモンドを狙う紳士(轟、瀬奈)と警備員の女(彩乃)の攻防、薔薇のダイヤと呼ばれるピンクダイアの男(霧矢)と男達の踊り、ブラックダイアの男(瀬奈)が女達を誘い、ダイアの男S(轟)が歌う。一人の男(轟)がブエノスアイレスの追憶を歌う、男はルビーの女(彩乃)をめぐって青年紳士(大空)と喧嘩となる、女に去られた男は、情念のタンゴを踊る。

ページトップに戻る

©宝塚歌劇団