土曜洋画劇場

番組詳細

2017年02月11日放送

ジャズ大名(特別編)

筒井康隆の原作を、「独立愚連隊」「日本のいちばん長い日」等で知られる岡本喜八が映画化。

【ストーリー】
チョンマゲ頭を叩いてみればニューオリンズの音がする。
維新の嵐が吹き荒れる江戸時代末期、駿河の国の小藩に流れ着いたる黒き異人三 人。ところが、藩主・海郷亮勝は大の音楽ずき、三人の奏でる 4 ビートのリズムに心 をときめかせる。やがて城中のあちらこちらからジャズの音が聞こえてくる。樽、 鍋、三味線、琴 etc、鳴り始めたら止まらない城を上げての一大ジャムセッション、 地をゆるがさんばかりのジャズ音は、維新の産声も知らずに熱狂の度合いを高めて行 く…。

【見どころ】
底抜けに陽気な傑作
幕末の日本、アメリカから漂着した黒人たちと、大の音楽好きの大名(古谷一行) が、ジャズを通して意気投合。幕府と倒幕派の戦いをよそに、藩をあげてジャムセッ ションに熱狂する。筒井康隆の想像力にあふれた原作を基に、『独立愚連隊』などの 岡本喜八監督が、底抜けに陽気で痛快な映画に仕上げた。城の長い廊下を効果的に使 った演出や、監督自身やタモリの意外な役での出演など、遊び心が楽しい。山下洋輔 の音楽も聴かせる。

【スタッフ】
監督:岡本喜八
脚本:岡本喜八、石堂淑郎
原作:筒井康隆
出演:古谷一行、財津一郎、神崎愛、岡本真実、殿山泰司、本田博太郎、唐十郎、小川真由美、利重剛、ミッキー・カーチス、タモリ、細野晴臣ほか

012-02.jpg

012-03.jpg


© KADOKAWA 1986

放送ラインナップ



  • facebook
  • twitter