大忠臣蔵

番組詳細

2017年10月24日放送

第13回 下級武士

城を無血で明け渡した赤穂は揺れていた。身の処し方に苦慮する家臣たち。なかでも下級武士たちの行く末は不安に満ちたものであった。そんな中で、普段から金貸し稼業などをしていた萩原兵助は、萩原家に伝わる大筒二門を受城のため赤穂に入った脇坂淡路守に売却しようと企んだ。有名な大筒売却騒動をもとに下級武士の悲哀を描く。

©三船プロダクション

放送ラインナップ


  • facebook
  • twitter