韓国ドラマ「大祚榮 -テジョヨン-」

番組詳細

2018年01月08日放送

第18話

テ・ジョヨンたちは、唐の大総管イ・ジョクのいる葦島と補給倉庫のある蛇水の間に潜み、両地域を行き来する密書、命令書を奪うため待ち伏せを開始した。唐のソリンギ将軍は、蛇水の川に唐の水軍を移動させ水軍と陸軍の合同で平壌を攻撃するという戦略を考えた。葦島の唐の援軍が必要なソリンギは、イヘゴに、密書を持たせ葦島へと向かわせた。しかし、待ち伏せしていたテ・ジョヨンがイヘゴを捕える。密書には、具体的な内容がまったく書いてなかった。イヘゴが直接伝えるようになっていたからだ。イヘゴが高句麗軍に捕まったことを聞いたチョリンは、再び伝令を伝えるため軍団から離れてイヘゴを救出に向かった。しかし、チョリンもテ・ジョヨンに捕らえられる。ジョヨンは自分のチョリンに対する想いは真実であると繰り返すが、チョリンは応えない。逆に別れ際に渡された母の形見の首飾りを返された。かくなる上はと、ジョヨンがチョリンを切ろうとする。その瞬間、イヘゴがそれを遮った。全て話すからチョリンを殺さないようにと懇願した。計略の全てを知ったテ・ジョヨンとコルサビウ、コム・モジャム。テ・ジョヨンが闇夜の空に火矢を放った。それを見た唐のソリンギは、密書が葦島に届いたと喜び、全軍攻撃開始の命令を下した。


018_02.jpg 018_03.jpg 018_04.jpg 018_05.jpg
Licensed by KBS Media Ltd.ⓒ2007 KBS All rights reserved.

放送ラインナップ


  • facebook
  • twitter