>>ニュース一覧はこちらから

放送ラインナップ

Backnumber

#20 「時計館にて」

#20 「時計館にて」
何か思いつめた様子で時計店に入ってくるスーツ姿の男、原田哲史(津田寛治)。動かなくなった古い腕時計をどうしても直してほしいという原田に、店主の草間耕造(浜田晃)は、1カ月ほどで修理が可能だと告げる。しかし、原田は残念そうに、そんなに時間は無いと言う。不思議に思った草間が問いかけると、原田はその時計は父親から大学の入学祝いに貰ったものであることを語り始める。しかし、それは原田にとって嬉しい入学祝いなどではなく、自分と父親との関係を象徴する、過去の因縁の詰まった時計だった。見るのも嫌で机の奥にしまいっぱなしになって時を刻むことをやめてしまった時計…。どうしてももう一度動かしたいと思った訳とは…?そして草間が、ふいに話し出した忘れることの出来ない過去とは…?時計屋のカウンターに二人の傷跡(かこ)が交差する。
キャスト&スタッフ

原田 哲史 役・・・津田寛治

草間 耕造 役・・・浜田晃

脚本: 佐藤久美子

演出: 落合正幸

ギャラリー

#20 「時計館にて」1 #20 「時計館にて」2 #20 「時計館にて」3 #20 「時計館にて」4 #20 「時計館にて」5 #20 「時計館にて」6 #20 「時計館にて」7 #20 「時計館にて」8 #20 「時計館にて」9 #20 「時計館にて」10 #20 「時計館にて」11 #20 「時計館にて」12 #20 「時計館にて」13 #20 「時計館にて」14 #20 「時計館にて」15 #20 「時計館にて」16 #20 「時計館にて」17 #20 「時計館にて」18