ザ・カセットテープ・ミュージック

番組詳細

2018年04月06日放送

第13回「野球にちなんだ名曲」

いつものスタジオを飛び出し、番組初のロケを敢行!なんと千葉ロッテマリーンズの本拠地ZOZOマリンスタジアムから「プロ野球」と「80年代音楽」をミックスした特別企画を、2週に渡って放送します。
前編では、音楽評論家でもあり野球評論家で大のロッテファンであるスージー鈴木が、野球にちなんだ80年代名曲を選曲。ユニコーン、浜田省吾等々、80年代の懐かしい野球曲が続々登場!

【出演】マキタスポーツ、スージー鈴木、古橋舞悠


 >今回放送のボーナストラックはこちら 



今回は「ZOZOマリンスタジアム」からお届け
今回は「ZOZOマリンスタジアム」からお届け

番組初のロケ敢行!
千葉ロッテマリーンズ本拠地、ZOZOマリンスタジアムにて、ロッテファンのスージー鈴木が野球に関する名曲を発表!

野球企画特別オープニング
野球企画特別オープニング

80年代野球ゲーム風の8ビットのオープニングムービーをわざわざ作りました。

1番打者「ベースボール・ブギー」(リー・ブラザース)
1番打者「ベースボール・ブギー」(リー・ブラザース)

大活躍した元ロッテ選手・リー兄弟が歌う一曲。
歌謡曲リテラシーの高い、今回のカセットガール・ふるちゃんにとってのブギは、石野真子さん「ワンダーブギ」。

2番打者「まぶしい草野球」(松任谷由実)
2番打者「まぶしい草野球」(松任谷由実)

「まだ季節浅く 逆もどりの天気もあるわ」という心をつかむサビ。不二家「ソフトエクレア」のCMソングとしても有名。
エラーの多い彼氏にランチボックスを届ける彼女の気持ちを描いた可愛らしい歌詞。

3番打者「デーゲーム」(ユニコーン)
3番打者「デーゲーム」(ユニコーン)

シングル盤はボーカルに坂上二郎を迎えた。当初は、元阪神監督・村山実にボーカルをオファーしたという逸話も。
広島から千葉ロッテに移籍したということで、「ミンチー」的な名曲。

4番打者「BASEBALL KID'S ROCK」(浜田省吾)
4番打者「BASEBALL KID'S ROCK」(浜田省吾)

浜田省吾さん自身も野球部出身。
4番にふさわしい野球×ロックが混ざった軽快な一曲。 ちなみに、浜田省吾さんの母校は広岡達朗と同じ、名門呉三津田高校です。福浦和也選手の登場曲にいかがでしょうか?

5番打者「恋のナックルボール」(大滝詠一)
5番打者「恋のナックルボール」(大滝詠一)

強風の内野席で大滝詠一を聴いてみました。
大滝さん自身も、「ロング・バケーション」以前は、ナックルボールのような実験性の高い曲を重ねてきた。 前田幸長が登場曲に使っていた。

次回も「野球×音楽」スペシャル!
次回も「野球×音楽」スペシャル!

次回は、マキタスポーツさんが名曲に野球タイトルを授与していきます!

放送ラインナップ


  • facebook
  • twitter