ザ・カセットテープ・ミュージック

番組詳細

2017年11月10日放送

第4回「深淵なる井上陽水の名曲特集」

80年代に超然とした存在感を放った、唯一無二の歌手・井上陽水を特集。マキタスポーツが、井上陽水の数々の名曲からベストカセットに入れたいA面・B面曲をセレクト。捉えどころのない、どこか俯瞰したような井上陽水の歌詞世界。その独自性は歌詞だけでなく、そのコード使いにも表れていた。1984年は「いっそセレナーデ」「恋の予感」「飾りじゃないのよ涙は」の3曲が連続ランクインした陽水まつりの年。陽水が送り出した玉置浩二・中森明菜の名曲を、マキタ&スージーが白熱解説!

【出演】マキタスポーツ、スージー鈴木、川井優沙


003-02.jpg


 >今回放送のボーナストラックはこちら 

おじさんたちの狂宴も4回目!
おじさんたちの狂宴も4回目!

80年代音楽の思い出にどっぷり浸かるこの番組も4回目。カセットガールの愛称「ゆさぴ」にちなみ、今回は「マキピ」と「すじぴ」がお送りします。


マキタ選・井上陽水A面 ①♪長い坂の絵のフレーム
マキタ選・井上陽水A面 ①
♪長い坂の絵のフレーム

「少年時代」と対比して聴くと味わい深い曲。「少年時代」で描かれたおじさんが年を取り、人生の1コマ1コマを振り返って眺めているような歌詞。陽水さんの経年変化しない超然性に注目。

マキタ選・井上陽水A面 ②♪いっそセレナーデ
マキタ選・井上陽水A面 ②
♪いっそセレナーデ

陽水さんの曲に漂うケサランパサランのような浮遊感をコードでも解説。

「♪いっそセレナーデ」のコード進行解説
「♪いっそセレナーデ」のコード進行解説

「あまいくち~づけ~」の「ち~」のレの音(Am11)は、Am=ラドミにはない音。この不協和音が、陽水さんらしい浮遊感の音楽的な正体。

マキタ選・井上陽水A面 ③♪少年時代
マキタ選・井上陽水A面 ③
♪少年時代

カセットガールが小学生時に、音楽の教科書に載っていたという。しかし歌詞の内容は、おじさんの心をくすぐる諦観の気持ち。「風あざみ」「宵かがり」は、陽水さんの造語。国民的スタンダートに見えて、陽水さんの「定義されたくなさ」が隠れている独特な曲。

マキタ選・井上陽水B面 ①♪飾りじゃないのよ、涙は
マキタ選・井上陽水B面 ①
♪飾りじゃないのよ、涙は

サビに向かって半音ずつ上がっていくAメロがスリルとサスペンスを増幅させていく。当時の松田聖子と中森明菜のデッドヒートと、ヒットチャートを埋めていく陽水さんの名曲。

マキタ選・井上陽水B面 ②♪ワインレッドの心
マキタ選・井上陽水B面 ②
♪ワインレッドの心

作詞・井上陽水、作曲・玉置浩二の素晴らしいマリアージュ。主観と客観がぼやけた、ベールを一枚被ったような詞とメロディ。最後まで全部食べられる、捨てどころのない曲。

マキタ選・井上陽水B面 ③♪帰れない二人
マキタ選・井上陽水B面 ③
♪帰れない二人

作詞・作曲 井上陽水&忌野清志郎
今は叶わぬ清志郎さんとのデュエット。二人の声の競演が素晴らしい。

マキタスポーツによる今日の一曲♪東へ西へ
マキタスポーツによる今日の一曲
♪東へ西へ

井上陽水さん「東へ西へ」を弾き語り演奏!

放送ラインナップ


  • facebook
  • twitter