放送ラインナップ

#14 台湾vol.2

2012/4/21(土)21:00~22:00ほか
今回の「高田純次のアジアぶらぶら」は、台湾編第二弾!
地元の人に人気のお店「阜杭豆漿(フーハントーチャン)」を訪れ、朝粥を味わう。
その後、台北市内から車で一時間ほど移動し、九フンへ。「千と千尋の神隠し」のモデルとなった九フンは、かわいい雑貨店が多く立ち並び、日本人の観光客に大人気。地元のガイドさんに案内してもらい、本場のお茶を味わいます。お楽しみに!

高田純次の「アジアぶらぶら」紹介スポット

■阜杭豆漿(フーハントウチャン)

朝行列ができるお店。朝のみ営業で、OPENは5時半。
メインは豆乳のスープ。

■千と千尋のモデルとなった場所「九フン」

1880年、金鉱が発見され、日本統治時代で最盛期を迎えた。
しかし金と石炭の生産量はその後減り続け、1971年に閉山、街は衰退の道をたどる。
ベネチア映画祭でも金獅子賞を獲得した「悲情城市」(侯孝賢監督)
のロケ地となったことで再び脚光を浴びた。

HOTトピックス

■オーガニック石鹸「阿原(ユアン)」

製品はすべて自然素材から作られていて、台湾の漢方などが含まれている。
日本でもデパートなどで売られているが、台湾で購入する方が断然お得!