明日がござる

番組詳細

2017年11月22日放送

第30話 散るか?実るか?両家の花見

きょうは待望のお花見の日。前世(山岡久乃)と郁子(葦原邦子)の計画したお花見をなんとかすばらしいものにしようと、集子(水前寺清子)と政二郎(井上順)は心を合わせた。八奈見家は洋食弁当、世渡家は和風弁当ではいかがと、政二郎は張りきって買い出しに出掛けてくれた。板前の山(岡本信人)もピクニック気分を盛り上げようと、アイデアを出してくれた。ところが、すっかり支度は整ったものの出掛ける前になって、集子が急性中耳炎を起こしたらしい。各一(荻島真一)があわてて医院へ連れて行く始末となった。亀(林与一)と中(沢田雅美)の結婚の意志を確かめあう機会でもあるはずのお花見なのに、中が行けなくなったといい出した。理由はあるのだが、どうも中は亀を避けている様子だ。一方、亀も新聞社の同僚が交通事故に遇って、まず病院に行き、その帰りに駆けつけるという。お天気もはかばかしくないうえに、八奈見家は秋(馬場みのる)も郷子(佐良直美)も急用ができて、勤務先へ出かけてしまった。ついに前世と各一だけの参加となったが、初志を貫いて出かけることにした。と、近くに公園で待ち合わせた世渡家一行は、いるわいるわ!板前たちに徳子(東海林典子)、芸者の久松(波乃久里子)まで駆けてくるではないか。

030-02.jpg

030-03.jpg


©テレパック

放送ラインナップ


  • facebook
  • twitter