明日がござる

番組詳細

2017年11月21日放送

第29話 郁子と前世の雪解け

集子(水前寺清子)は、中(沢田雅美)のために力(木原光知子)に会って、亀(林与一)を好きなのではと問いつめた。亀が中に求婚したあとも力と付きあっているのを知って、中がショックを受けていたからだ。力は自分の片思いだといい、亀に思慕される中をうらやましいとも告白した。一方、年ごろのきょうだいの多い世渡家には、もう一つ縁談がもちあがりつつあった。芸者の久松(波乃久里子)が政二郎(井上順)に惚れているのだ。わたしも結婚適齢期、と口説く久松に、政二郎は一向にその気を見せないのだが…。新入学に初出勤にと春めく世渡・八奈見両家では、きょうが日曜日なのに、それぞれ三(二階堂千寿)、各一(荻島真一)にお弁当を作り、送り出してしまった。両家の日曜日は、このトチリですっかり楽しくさえなった。そんな昼下がり、郁子(葦原邦子)が前世(山岡久乃)を訪ね、折入ってお話がございまして、と丁重に切り出した。亀から申し込まれた中の結婚について、もしかなうものなら結ばせたいと、郁子が親心を打ち明けたのだ。両夫人の間で山の手ことばが交わされて、和やかなひとときが過ぎた。きのうまでの喧嘩腰とは様子が変わっていた。母親たちは、若いふたりのために両家そろってお花見にまいりましょう、と約束しあって、その日は幕となった。

029-02.jpg

029-03.jpg


©テレパック

放送ラインナップ


  • facebook
  • twitter