明日がござる

番組詳細

2017年10月26日放送

第15話 各一のプロポーズ作戦大失敗

各一(萩島真一)が、世渡家の家族の前で、集子(水前寺清子)への電撃的なプロポーズをしたため、世渡家は一大ショックを受けた。なにしろ当の集子さえ、初耳なのだ。郁子(葦原邦子)は、子どもたちは皆知っていて母親にかくしていたのだと思い込み、すっかりつむじを曲げてしまった。
集子に縁談をもち込んだ染子(杉村春子)は、各一が、東大卒のライバルをものともせず、集子が自分に惚れていると自信満々なのに、半ばあきれながらも好感を抱いた。

その夜、寝ようとした集子は、窓の下に各一が立っているのに気づいた。「お嫁にこいよ」各一の飾り気のない言葉に、集子は、思わず、「行ってもいいや」と答えていた。
問題は、猛反対する郁子の説得だ。来月にも結婚したいとあせるせっかちな各一は、苦しまぎれにとんでもない方法を思いついた。ははの前世(山岡久乃)に、集子が郁子から結婚を反対されて困っていると助けを求めた。
前世は、集子の相手が自分の息子とはつゆ知らず、わけ知り顔で郁子を説得に出掛けた。そのうち、相手が各一だということがわかり、今度は前世がカンカンに怒り出した。郁子と前世は、口をそろえて、親をかつぐなんて許さない!と本気で怒っていた・・・・。

015-02.jpg

015-03.jpg

©テレパック

放送ラインナップ


  • facebook
  • twitter