鈴鹿8耐独占生中継!

熱いレースをもっと熱く!!
「今年は超ガチ!真夏の祭典鈴鹿8耐SP!」



全国無料放送のBS12 トゥエルビで、7月29日(日)あさ11時00分から「″コカ・コーラ″鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会」(鈴鹿8耐)を生中継します。
放送に先駆け、レースに出場する主要4チームの監督を招き事前特番「今年は超ガチ!真夏の祭典鈴鹿8耐SP!」を公開!

1.番組内容


今年も鈴鹿の夏、8耐の夏がやってくる!
主要4チームの監督がスタジオに集結!今年のチームやライダーについて熱く語ります!
「監督」「ライダー」「マシン」「戦略」の4テーマのほか、各チームのこだわりやコツにも注目です!いよいよ今月末に控えた鈴鹿8耐をより深く、より楽しく観戦できる情報満載の30分。
この番組を見ずして、今年の鈴鹿8耐は語れません!

 

2.出演者プロフィール


進 行:柿沼 佐智子
ゲスト:吉川 和多留(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
釈迦堂 利郎(Kawasaki Team GREEN)
加藤 陽平(YOSHIMURA SUZUKIMOTUL RACING)
宇川 徹(Red Bull Honda with 日本郵便)

3.主要4チーム監督インタビュー


<ライダーファーストで狙うは前人未到の4連覇>
YAMAHAFACTORY RACING TEAM/吉川和多留監督

4連覇は挑戦。自分の中で何を一番大事にするか、それは最終的にトップでゴールするということ。記録は後から付いてくればいい。
皆さんからもベンチマークにしてもらっているので、我々は昨年の自分たちを超えることが目標。昨年と同じメンバーだが、変える必要がない頼もしいメンバー。
最終的にはライダーが表現してくれるので、YAMAHAとしてはライダーファーストで、ライダーが気持ちよくパフォーマンスできる形を第一に4連覇を目指していきたい。

<目指すは頂点!2年連続2位の雪辱なるか>
KawasakiTeam GREEN/釈迦堂利郎監督

もうてっぺんしかない。そこしか考えていない。
昨年の8耐を2年連続2位で終えたあと「勝つためにはどうしたらいいんだろう」という僕の言葉にいろんな人が動いてくれたおかげでジョナサン・レイを呼ぶことができた。
ジョナサン・レイも優勝するために呼んだので、そこに3年目のレオン・ハスラムと成長した渡辺一馬が合わさっていい勝負ができればと思う。
この3人以外は考えていない。

<打倒ワークス!魅せろ名門の意地>
YOSHIMURASUZUKI MOTUL RACING/加藤陽平監督

4選手から選考するのはヨシムラとして初めてのこと。相乗効果が楽しみ。4人からの選考になってもやることは同じ。
誰が乗っても早く走れる、安定して走れるオートバイをつくるという点では何も変わりはない。
他の皆さんはメーカーの方で、ヨシムラというのはSUZUKIを代表しているものの会社の規模も違えば立場も全然違う。
自分はヨシムラのみんなのバックアップを形にするだけ。
ヨシムラのSUZUKI でほかのメーカーを打ち破って優勝したい。

<10年ぶりの復活!王座奪還に気合十分>
Red Bull Honda with 日本郵便/宇川徹 監督

10年ぶりの復活なので胸を借りるつもりで頑張っていきたい。でもやるからには勝たないと意味がないのでもちろん優勝を目指していく。
自分がライダーだった時もそうだが、1周コンマ何秒を削るのは本当に大変で、でもピットワークで1~2秒なんて簡単にロスしてしまう。
そういったところもライダーの気持ちがわかるからこそ、ライダーの気持ちになって戦いたい。
ライダー3人の状態もかなり上がってきている。ゼッケン33番の応援をよろしくお願いします。


  • facebook
  • twitter