BS12 トゥエルビ放送番組審議会

第37回TwellV 放送番組審議会 議事概要

1. 開催日時 2018年6月22日(金) 12:25~13:40
2. 開催場所 ワールド・ハイビジョン・チャンネル株式会社 会議室

3. 出席者

委員:総数7名
出席(4名)

委員長 石田 寛人(金沢学院大学 名誉学長)
委員山下 東子(大東文化大学 教授)
委員古濱 洋治(元郵政省通信総合研究所 所長)
委員坂田 康太郎(株式会社CAP代表取締役社長/音楽プロデューサー)
   
欠席(3名)
副委員長勝島 敏明(公認会計士・税理士) ※議題2について書面意見を提出
委員菅谷  実(白鴎大学 客員教授) ※議題2について書面意見を提出
委員伊藤 佳子(プロゴルファー) ※議題2について書面意見を提出
放送事業者側出席者:
代表取締役社長 森内 譲
情報技術統括 尾上 一也
編成・営業本部長兼編成部長  目黒 芳則
管理本部長兼企画経理部長 中林 裕士
事務局  安倍 健一 廣部 将人

4. 議題及び議事概要

  • ・議題1 2018年7月以降の番組編成内容について
    「プログラムガイド(2018年7・8・9月)」及び番組宣伝動画に基づき、2018年7月以降の番組編成内容について説明があった。
    これに対して、委員から質問とコメントが出された。質問に対しては、事業者側が回答し、コメントについては、適宜、今後の番組編成に活かしていくこととした。
  • ・議題2 審議番組「小島よしお&狩野英孝のチャリお遍路」について
    審議番組について、ダイジェスト版を視聴後、合評を行った。
    委員からの主なコメントは次の通りである。なお、欠席委員の書面意見を含む。
    ・今回の番組は娯楽と教養を兼ねた内容で、チャリお遍路がどう展開されるのか興味津々で見た。楽しく拝見でき、良い番組だと思う。近くの2寺を回るだけで、こんなに時間がかかっており、これからどうなるのか楽しみと同時に心配である。
    ・自転車で回る四国88ヵ所のお遍路の旅は、自転車に慣れていない狩野さんの珍道中とお遍路の旅入門的な情報も満載で、色々な角度から楽しめる番組である。
    ・自転車の乗り方の説明やその他の場面で小島さんの親切さが際立ち、とても好感が持てた。1番札所で説明されていた方の内容は非常に分かりやすく参考になった。
    ・お遍路に興味がある人への情報提供だけでなく、その他の人達にも見てもらえる面白い内容だった。他のバラエティ番組では笑い声の演出が過剰に感じたりするが、そのような演出もなくて良い。
    ・お遍路の基本が細かく紹介されていて良かった。小島さんと狩野さんのキャスティングも良かったと思う。私もロードバイクに乗っているが、ロードバイク初心者の狩野さんが挑戦する様子も好感が持てる。これから1,400キロを走破出来るのか心配でもあるが、興味も湧いてくる。
    ・放送1回目でもあり、お遍路やロードバイクについて細かく説明していたのは良かったが、それ以外は気になる点や課題が多かった。視聴者ターゲットは誰なのか。高齢層を狙うにはキャスティングに違和感を持った。
    ・全体を通じて面白い番組ではあった。しかし、多くの視聴者が見ていることから、マナーや所作を大切にしなければならない。

以上

放送番組審議会議事録

リンク先はPDFファイルです。

  • facebook
  • twitter