高田純次のセカイぷらぷら

番組詳細

2017年02月05日放送

鹿児島・世界遺産

今回は鹿児島で2015年に世界遺産に登録された仙巌園をぷらぷら~。外国人にも人気の庭園を満喫、さらには現地でキャビンアテンドとして働く女性の案内のもと、地元名産の日本茶を堪能。鹿児島グルメの王道、しゃぶしゃぶの名店も訪問しちゃいます。もちろん海外レポートや、お便りコーナーなど人気のトピックスも盛りだくさんです。お楽しみに!

shitumon.jpg

今回のぷらぷらで~た

〇名勝 仙巌園
高田純次のセカイぷらぷら
島津斉彬が築いた工場群の跡地を含む
島津家所有の敷地と庭園

仙巌園+尚古集成館
共通入場券 1000円


〇鉄製150ポンド砲(復元)
高田純次のセカイぷらぷら
開国を迫られた時代に敷地にあった工場で
製造されていた最も大きな大砲


〇反射炉(1/4 模型)
高田純次のセカイぷらぷら
大砲を作る鉄を溶かすためオランダの書物を
参考に日本在来の技術で完成させた設備


〇旧集成館 反射炉跡
高田純次のセカイぷらぷら


〇正門
高田純次のセカイぷらぷら
1895年に島津忠義が作らせた正門
大河ドラマ「篤姫」にも登場する


〇錫門(すずもん)
高田純次のセカイぷらぷら
江戸時代に作られた更に古い正門
朱色の門は当時非常に高い身分の人しか
通れなかった


〇借景庭園
高田純次のセカイぷらぷら
桜島を山に錦江湾を池に見立てた
景色をとりこんだ借景の大名庭園


〇ヤクタネゴヨウ
高田純次のセカイぷらぷら
屋久島と種子島にだけ自生するめずらしい松の木。
高さ約30メートルで樹齢およそ350年以上


〇御殿
高田純次のセカイぷらぷら
薩摩藩主最後の藩主となった島津忠義が
明治になり鶴丸城から引っ越した本邸


〇千尋巌(せんじんがん)
高田純次のセカイぷらぷら
3文字の大きさは上下で11メートル
岩に文字を刻み貝殻の粉で塗る
中国でよく見られる技法


〇すすむ屋茶店
高田純次のセカイぷらぷら
2012年8月創業
代々茶業を行う老舗問屋の4代目が営む


〇アイスクリームぜんざい(緑茶付き)
高田純次のセカイぷらぷら
650円


〇アサツユ
高田純次のセカイぷらぷら
360円


〇華連
高田純次のセカイぷらぷら
JA鹿児島が直営する鹿児島の黒牛・黒豚
旬の野菜が食べられる店


〇極上鹿児島黒牛・黒豚 味わいしゃぶしゃぶ
高田純次のセカイぷらぷら
5700円


放送ラインナップ

  • facebook
  • twitter