傷だらけの天使

番組概要

【傷だらけの天使】全26話

1974~75年放送。エンジェルビルの屋上にあるペントハウスに住む木暮修と、彼を慕う乾亨。探偵事務所「綾部情報社」の調査員として働く2人の若者の怒りと挫折を描いた探偵ドラマ。
恩地日出夫、深作欣二、神代辰巳、工藤栄一らの監督陣が参加し、メインライターは当時新進気鋭の市川森一が担当。

次回予告日時:7月2日(日)21:00〜再放送

第13話 可愛い女に愛の別れを

綾部探偵事務所に倒産した東西カメラの債権者代表が訪れ、社長が着服した25億円をとり返してほしいと依頼した。依頼を受けた社長の貴子はまず行く方不明になっている東西カメラの犬山社長をおびき出すことを考え、修と亨に犬山の一人娘昭子の誘拐を命じた。修と亨は何とか昭子(吉田日出子)をおびき出して修のペントハウスに連れて来た。

©東宝

  • facebook
  • twitter