<ドラマ> ありがとう 第3シリーズ

次回予告日時:12月8日(木)20:00〜

第11話

愛と歌は化粧品屋の子どもの善吉をしばらくあずかることになった。善吉の母右子が西ドイツにいる夫との離婚話をつけるため、ドイツへ行くことになったためである。
そんな翌日、結婚を前提に愛との交際を申し込んできた健二が、「魚平」に遊びにきた。デートに出かける愛と健二を見た八百屋の長男元気の心はおだやかではなかった。失恋したようにしょんぼりした元気を見た母の百子が、元気は愛に気があるのではないかとズバリ指摘したため、ドッキリした元気は散歩についてくると言って家をとび出して行った。百子は明子の決まって安心したものの、元気のことを考えると一抹の不安をかくしきれなかった。そのころ歌もまた、愛の結婚問題に母心を惑わせていた。

番組概要

【嗚呼!日本のこころ ありがとう 第3シリーズ】 全53話

【解説】
東京・東北沢のマーケットを舞台に、店を営む人々との交流を通して描く“ありがとう”のこころ…。第1シリーズで婦人警官に、第2シリーズで看護婦に扮した水前寺清子。この第3シリーズでは威勢のいい鮮魚店の娘を好演。美術大卒のインテリで青果店の長男・寺川元気役の石坂浩二と、新たなラブロマンスを繰り広げる。新メンバーに、草笛光子、園佳也子、波乃久里子、音無美紀子、坂上忍(子役)が加わって、総勢20人にものぼるレギュラー出演者の競演が見もの。

【ストーリー】
江戸時代から続く老舗鮮魚店の一人娘・志村愛(水前寺清子)は、元気に働く五代目として、いまが娘盛り。同じマーケット内に同居する青果店の長男・寺川元気(石坂浩二)とは、折り合いが悪く会えばケンカばかりだ。だが、美術大卒のインテリで、出版会社のデザインルームに勤務しているハンサムボーイの彼が少し気になっている様子…。一方、マーケット内では、鮮魚店、青果店、精肉店らが商売繁盛のために、生鮮食料品をいかに安く仕入れ、安く売るかを考えながら日々奮闘していく。

■キャスト
水前寺清子、山岡久乃、葦原邦子、石坂浩二、井上順、長山藍子、音無美紀子、
園佳也子、岡本信人、草笛光子、坂上忍、佐野浅夫、奈良岡朋子、波乃久里子、
沢田雅美、児玉清、新克利、佐良直美、大空真弓、小鹿ミキ、時本和也、岡村あつ子

■スタッフ
プロデューサー:石井ふく子
ディレクター・監督:川俣公明
脚本:平岩弓枝

  • facebook
  • twitter